相談でココロを軽く。姪浜駅南口より徒歩1分の福岡西法律事務所

補完画像
初めての方へ

Performance
解決実績

カテゴリー一覧

過去に事業を行っていたものの同時廃止にて破産手続きが終了した事例

借金の管理

事件の概要

Aさんは、7年ほど前に飲食店を経営していましたが、
当時借り入れたお金について、数年ぶりに請求を受けました。
事業に関連する借り入れであることから、
管財人がつくことが予想されましたが、
本人は現在金銭的な余裕がなく、親族からの援助もあまり望めない状況でした。

争点となるポイント

事業時の財産がないことを示すことができるか

解決

昔のことだったことから、本人も記憶があいまいであり、
資料なども手元には残っていませんでしたが、本人の断片的な記憶を頼りに、
公的機関に連絡をして、提出書類の写しを依頼するなどの方法で、
適切に廃業しており、事業をしていたころの財産はすでにないことを示しました。
その結果、管財人が就くことなく、同時廃止によって破産手続きは完了しました。

工夫した点や依頼者と協議したこと

こまめな打ち合わせを行い、丁寧に申立書を作成しました。

この実績を書いた人

弁護士/松澤 麻美子

福岡県弁護士会所属/北海道札幌市出身/平成24年弁護士登録(福岡県弁護士会)

詳しく見る

一覧へ戻る

カテゴリー一覧

24時間予約受付フォーム

離婚相談

刑事事件

PAGE TOP